伊豆の海フォトギャラリー

春から初夏の伊豆の海の水温は17~20℃くらいです。まだドライスーツのダイバーもいらっしゃいますが、海から上がったら陸上は真夏の様な暑さの時もあり、ウエットスーツの方を多く見かけるようになってきます。
海では何と言っても「オキタナゴの産卵」でしょう。オキタナゴは卵でなく、出産(お腹から逆子で子どもが出てくる)と変わった産み方をする魚です。 仔魚は体長が5~6センチ、一回の出産で10~40匹もの仔魚の出産を観察できます。赤沢では、水深3mと浅くエントリーしてから近いので、絶好の観察 チャンスです。ボートではオキノスジエビでしょう。オキノスジエビといえば、深海性の赤と白のしま模様のとてもオシャレなエビですが、赤沢では水深 20~30mの浅場にいつも群れています。そして5月下旬~6月にかけては、伊豆高原の里山(池地区)では天然のホタルが乱舞する季節です。

ネコザメ マンボウ マンボウ マンボウ ダンゴウオ 赤色 サギフエ マトウダイ マトウダイ幼魚 イロカエルアンコウ(オレンジ) シロウミウシ ネンブツダイの群れ


伊豆で出会えるサカナたち

ご予約・お問合せ

ご予約・お問合せは、ダイビングショップ伊豆べたなぎまでお気軽にどうぞ。
当店のご利用が初めての方は「ご予約のながれ」をご確認の上、お申し込みくださいますようお願いします。

ご予約のながれ
ご予約・お問合せ
ダイビングライセンス取得スクールコース紹介キャンペーン
リフレッシュコース・ボートスペシャリティ
ウェットスーツキャンペーン
ダイバー応援キャンペーン
沖永良部島クジラスイム
海外ダイビングツアー2018パプアニューギニア